当前位置:首页 >> 农林牧渔 >>

日本国冷冻食品规格标准


資料6

冷凍食品の規格基準
食 品 、 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 12 月 28 日 厚 生 省 告 示 第 370 号 抜 粋 ) 第1 D ○ 1 食品 各条 冷凍食品 冷 凍 食 品 (製 造 し , 又 は 加 工 し た 食 品 (清 涼 飲 料 水 , 食 肉 製 品 , 鯨 肉 製 品 , 魚 肉 ね り 製 品 ,ゆ で だ こ 及 び ゆ で が に を 除 く 。以 下 こ の 項 に お い て 同 じ 。) 及 び 切 り 身 又 は む き 身 に し た 鮮 魚 介 類 (生 か き を 除 く 。 下 こ の 項 に お い て 以 同 じ 。)を 凍 結 さ せ た も の で あ つ て ,容 器 包 装 に 入 れ ら れ た も の に 限 る 。以 下 こ の 項 に お い て 同 じ 。 )の 成 分 規 格 (1) 無 加 熱 摂 取 冷 凍 食 品 (冷 凍 食 品 の う ち 製 造 し , 又 は 加 工 し た 食 品 を 凍 結 させたものであつて,飲食に供する際に加熱を要しないとされているものを い う 。 下 こ の 項 に お い て 同 じ 。 , 菌 数 (生 菌 数 )が 検 体 1g に つ き 100, 0 0 0 以 )は 細 以 下 で ,か つ ,大 腸 菌 群 が 陰 性 で な け れ ば な ら な い 。こ の 場 合 の 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 法 及 び 大 腸 菌 群 試 験 法 は , 次 の と お り と す る 。 1. 検 体 の 採 取 及 び 試 料 の 調 製 冷凍したまま容器包装の表面をアルコール綿でよくふき,滅菌した器具 を 用 い て 開 封 し , そ の 内 容 の 全 体 を 細 切 り し た 後 無 作 為 に 25g を 無 菌 的 に 滅 菌 ホ モ ジ ナ イ ザ ー に と り , 滅 菌 リ ン 酸 緩 衝 希 釈 水 225ml を 加 え て 細 砕 す る 。そ の 10m l を 滅 菌 ピ ペ ツ ト を 用 い て 滅 菌 試 料 び ん に と り ,滅 菌 リ ン 酸 緩 衝 希 釈 水 90m l を 加 え て よ く 混 和 し , こ れ を 試 料 原 液 と す る 。 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 に 関 し て は , 1 平 板 に 30~ 300 の 集 落 が え ら れ る ように滅菌リン酸緩衝希釈水で試料原液を段階希釈したものを試料とし, 大腸菌群の試験に関しては,試料原液を試料とする。 2. 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 法 第 1 食品の部 D 各条の項の○ 氷雪の 1 氷 雪 の 成 分 規 格 の (2)の 2. に準じて行う。

3. 大 腸 菌 群 試 験 法 第 1 (2) 食品の部 D 各条の項の○ 氷菓の 1 氷 菓 の 成 分 規 格 の (2)の 3. に準じて行う。 加 熱 後 摂 取 冷 凍 食 品 (冷 凍 食 品 の う ち 製 造 し , 又 は 加 工 し た 食 品 を 凍 結 させたものであつて,無加熱摂取冷凍食品以外のものをいう。以下この項 に お い て 同 じ 。 )で あ つ て 凍 結 さ せ る 直 前 に 加 熱 さ れ た も の は , 細 菌 数 (生 菌 数 )が 検 体 1g に つ き 100,000 以 下 で , か つ , 大 腸 菌 群 が 陰 性 で な け れ ば な ら な い 。こ の 場 合 の 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 法 及 び 大 腸 菌 群 試 験 法 は ,( 1 ) の 1. , 2. 及 び 3. に 準 じ て 行 う 。 (3) 加熱後摂取冷凍食品であつて, 結させる直前に加熱されたもの以外の 凍 も の は ,細 菌 数 (生 菌 数 )が 検 体 1g に つ き 3,0 00,00 0 以 下 で ,か つ ,E.coli が 陰 性 で な け れ ば な ら な い 。 こ の 場 合 の 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 法 及 び E.coli の 試 験 法 は , 次 の と お り と す る 。 1. 検 体 の 採 取 及 び 試 料 の 調 製 (1)の 1. に 準 じ て 行 う 。 こ の 場 合 に お い て , E. c o l i の 試 験 に 関 し て は , 試料原液を試料とする。 2. 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 法 (1)の 2 に 準 じ て 行 う 。 3. E.col i の 試 験 法 試 料 を 1ml ず つ 3 本 の E.C.は つ 酵 管 (第 1 食用かきの 1 食品の部 D 各条の項の○ 生 生 食 用 か き の 成 分 規 格 の (3)の 3.に 規 定 す る も の を い う 。)

に 接 種 し ,恒 温 水 槽 を 用 い て 44.5°(上 下 0.2°の 余 裕 を 認 め る 。)で 24 時 間 (前 後 2 時 間 の 余 裕 を 認 め る 。 以 下 こ の 目 に お い て 同 じ 。 )培 養 す る 。 そ の際,ガス発生を認めた試料は,推定試験陽性とし,ガス発生を認めない ものは,推定試験陰性とする。 推 定 試 験 が 陽 性 の 場 合 は , 当 該 E.C.は つ 酵 管 よ り 1 白 金 耳 を E? M? B? 培 養 基 に か く 線 し , 35°(上 下 1.0°の 余 裕 を 認 め る 。 以 下 こ の 目 に お い て 同 じ 。 )で 24 時 間 培 養 し た 後 , E.coli の 定 型 的 集 落 (定 型 的 集 落 が な い 場 合 は ,定 型 的 集 落 に 類 似 し た 集 落 2 以 上 )を 釣 菌 し て ,乳 糖 ブ イ ヨ ン は つ 酵 管 及 び 寒 天 斜 面 に そ れ ぞ れ 移 植 す る (定 型 的 集 落 に 類 似 し た 集 落 を 釣 菌 し た 場 合 は , 各 集 落 か ら 釣 菌 し た も の 別 に そ れ ぞ れ 移 植 す る 。 )。 乳 糖 ブ イ ヨ ン は つ 酵 管 は 35°で 48 時 間 (前 後 3 時 間 の 余 裕 を 認 め る 。 , ) 寒 天 斜 面 は 35°で 24 時 間 培 養 し , 乳 糖 ブ イ ヨ ン は つ 酵 管 に お い て ガ ス 発 生を確認した場合に,これと相対する寒天斜面について鏡検し,グラム陰 性 無 芽 胞 桿 菌 を 認 め た 場 合 を E.coli 陽 性 と す る 。

(4)

生 食 用 冷 凍 鮮 魚 介 類 (冷 凍 食 品 の う ち 切 り 身 又 は む き 身 に し た 鮮 魚 介 類 で あ つ て ,生 食 用 の も の を 凍 結 さ せ た も の を い う 。以 下 こ の 項 に お い て 同 じ 。 )は , 細 菌 数 (生 菌 数 )が 検 体 1g に つ き 1 0 0 , 0 0 0 以 下 で あ り , か つ , 大 腸 菌 群 が 陰 性 で あ つ て , 炎 ビ ブ リ オ 最 確 数 が 100 以 下 で な け れ ば な ら 腸 な い 。 こ の 場 合 の 細 菌 数 (生 菌 数 )の 測 定 法 及 び 大 腸 菌 群 試 験 法 は , (1)の 1. , 2. 及 び 3. に 準 じ て , 腸 炎 ビ ブ リ オ 最 確 数 の 測 定 法 は , 第 1 の部 D 各条の項の○ 生食用鮮魚介類の 1 食品 生 食 用 鮮 魚 介 類 (切 り 身 又

は む き 身 に し た 鮮 魚 介 類 (生 か き を 除 く 。 )で あ つ て , 生 食 用 の も の (凍 結 させたものを除く。 )に 限 る 。 下 こ の 項 に お い て 同 じ 。 以 )の 成 分 規 格 の 1. 及 び 2. に 準 じ て 行 う 。 2 (1) (2) (3) 冷 凍 食 品 (生 食 用 冷 凍 鮮 魚 介 類 に 限 る 。 )の 加 工 基 準 原料用鮮魚介類は,鮮度が良好なものでなければならない。 加 工 に 使 用 す る 水 は ,飲 用 適 の 水 ,殺 菌 し た 海 水 又 は 飲 用 適 の 水 を 使 用 原 料 用 鮮 魚 介 類 が 凍 結 さ れ た も の で あ る 場 合 は ,そ の 解 凍 は ,衛 生 的 な

した人工海水を使用しなければならない。 場所で行うか,又は清潔な水槽中で飲用適の水,殺菌した海水又は飲用適 の水を使用した人工海水を用い,かつ,十分に換水しながら行わなければ ならない。 (4) 原 料 用 鮮 魚 介 類 は ,飲 用 適 の 水 ,殺 菌 し た 海 水 又 は 飲 用 適 の 水 を 使 用 し た人工海水で十分に洗浄し,製品を汚染するおそれのあるものを除去しな ければならない。 (5) (4)の 処 理 を 行 つ た 鮮 魚 介 類 の 加 工 は , そ の 処 理 を 行 つ た 場 所 以 外 の 衛 生的な場所で行わなければならない。また,その加工に当たつては,化学 的 合 成 品 た る 添 加 物 (次 亜 塩 素 酸 ナ ト リ ウ ム を 除 く 。 )を 使 用 し て は な ら な い。 (6) (7) 3 (1) (2) 加工に使用する器具は, 浄及び殺菌が容易なものでなければならない。 洗 加工した生食用鮮魚介類は, 工後速やかに凍結させなければならない。 加 冷凍食品の保存基準 冷 凍 食 品 は , こ れ を - 15°以 下 で 保 存 し な け れ ば な ら な い 。 冷凍食品は,清潔で衛生的な合成樹脂,アルミニウム箔はくまたは耐水 また,その使用に当たつては,洗浄した上殺菌しなければならない。

性の加工紙で包装して保存しなければならない。



相关文章:
日本敲定食品放射性铯新标准 福岛县曾超标
日本敲定食品放射性铯新标准 福岛县 曾超标 2012-02-27 来源:标准日本厚生劳动省 24 日召开药品和食品卫生审议会,探讨食品中的放射性铯新标 准。会议决定,...
食品冷冻冷藏1
分析了我国食品冷藏链的现状及存在的问题,并提出了...万辆, 而美国有 20 多万辆. 日本右 10 $万辆...如国产 1 吨/时流态速冻机,尺寸:7.2mX4·5 mX...
冷冻食品仓储管理规范
不符合规定标准的物品一律退回。发现问题及时上 报,...产品名称、 产地、 规格、 生产日期及最终保质时限,...建国以来,国 家主管部门曾形成了一整套的技术标准、...
食品安全国家标准食品中污染物限量标准doc
日本、美国、香港、台湾等食品中的 污染物限量标准及其规定,根据我国食品中污染...冷冻饮品、婴幼儿配方/辅助食品和其他 类(包括膨化食品、咖啡、茶叶、果冻)等...
用于保鲜、速冻加工的绿芦笋标准化生产技术开发
芦笋的生产标准拟以日本国标准执行, 严格执行绿芦笋的采收、 收购标准, 3、绿芦笋的运输(基地→工厂) : 探索运用现代速冻冷藏技术,对绿芦笋产品进行分级、清洗...
食品执行标准对照表
食品执行标准对照表_生产/经营管理_经管营销_专业资料。食品行业标准对照表大全 ...(桶)装饮用水卫生 标准 GB 2759.1-2003 冷冻饮品卫生标准 GB 19297-2003 果...
各标准代码
国环有机产品认证中心有机认证标准 QB、QBJ 轻工行业标准 QC 汽车行业标准 Q/...日本消费品安全标准 CPSA 日本消费品安全标准 CSA 加拿大标准协会 CSK 朝鲜标准 ...
2015年冷冻冷藏食品行业发展报告
2015 年我国冷冻冷藏食品工业推进技术装备进步, 加速...规格标准化,简单加工方便食用,花式 品种多样,应用...产品 远销美国、欧洲、日本及东南亚等国家和地区,...
速冻食品HACCP体系应用标准
重点研究国际标准化组织、美国、欧盟、日本等国际组 织和发达国家食品标准,以期带领速冻行业的正确发展,提 升我国行业食品安全标准的整体水平, “标准凝聚了我们的...
国内外标准代码一览
CBM 船舶行业标准 CCEC 中国节能产品认证技术要求 ...孟加拉国国家标准 BGC 保加利亚国家标准 BHMA 美国...日本消费品安全标准 CPSA 日本消费品安全标准 CSA ...
更多相关标签: